なつなつ雑記帳

It`s My Life

【思い出】グレーの瞳をした、優しい友人の話

梅雨入り直後の天気が嫌いだ。

歪な色した雨雲がジワジワとにじり寄ってくるのを眺めていると無性に気が沈んで万事が面倒な気分になるから、8年前に亡くなった友人の話でもしようと思う。

 

彼と知り合ったのは大体13年前。

自宅から数軒先にある空き地に家が建ち始め、近所の聞けば外国人が引っ越してくるのだという。なんでも隣町で大工の仕事をしていて、日本人の奥さんと結婚したらしい。

自分は洋楽やアメリカンプロレスが好きだった影響で同年代よりも多少は英語が話せていたので、カナダ人がくると聞いて喜んでいた。

初対面がいつだったかは正確に覚えてないけれど、スラっとした身長に白髪交じりの頭。ピンクと白のチェックシャツにジーパン。白い歯に人の好さそうな笑顔をやけにハッキリと覚えている。実際ユーモアもあって時には真面目で、それでいて奥さんのことを愛していた「絵に描いたようなナイスガイ」だった。

優秀な職人だったと聞いていたが、既に一線から引いている彼は自宅の一階をカフェにしていて、窓際には世界各国の置物やマグネットが飾ってある。中でも目を引いたのが全長2メートルぐらいはあるラジコンボートで、自分で一から組み立てては湖や池で操縦するのが趣味なんだという。

何度も遊びに行っていたし、学校帰りによく顔を合わせていた。稚拙な英語ではあったけれど、彼と会ったときはとにかく何かを話そうと必死だった。どれだけ文法が支離滅裂で単語はあやふやでも、彼はいつも真剣に耳を傾けていて、できるだけ私にもわかる言葉を使って言葉を返してくれた。

 

私がまだ高校生だった頃、地元でそこそこ大きい地震が起きた。

自転車で登校してる最中に起きたらしく、学校に到着すると生徒全員が校庭に避難していた。あと、柔剣道場の時計が落ちて壊れたらしい。

「自宅が心配な生徒は早退しても構わない」と通達があったので一目散に家へと戻った。母親は地震に耐性がついてないし、食器棚や窓ガラスなんかが割れて怪我でもしていたら大変だ。

学校から川沿いの道路を、全力でペダルを漕いで猛スピードで下っていった。すると交差点のすぐそこに彼の家があって、ちょうど裏庭から出てくるのが見えた。工具箱を手にしていたから壁や建具の立て付けを確認していたのかもしれない。その時話した内容を何故か今でも覚えている。

 

地震大丈夫だった?怪我は?」

「私は何ともないよ、ワイフも無事だ。心配してくれてありがとう」

「それは本当によかった。うちの母親は地震に慣れてないし、家にガラスのものも多い。早く戻らないと」

「早く戻ってあげた方がいい。それと、テレビが倒れたんだけどなんともないんだ。サムスン製だからじゃないかな?」

いやお茶目かよ。でもありがとう。

幸いにも母親は無事だったし、割れた食器もなかった。

 

その後私はギリギリの成績でどうにかこうにか高校を卒業し、首都圏の大学に進学した。

数学なんか滅んじまえこの野郎。

大学生活初のゴールデンウィーク前日、講義を無事終わらせては友達と学食でたむろしつつ連休をどうやって過ごそうかと浮かれていた自分に、母親から一本の電話が入る。

 

彼が倒れて死んだ。

 

山中にある池でラジコンボートを浮かべて操縦していた最中、脳出血だったか脳梗塞だったかを起こしてその場で倒れ、登山客に発見されたけどその時にはもう手遅れだったんだと。

 

頭の中にあった楽しい予定を全消ししては、最低限の荷物をまとめて駅に走り、地元に飛んで行った。あまりにも急な出来事で涙が止まらなかった。

 

彼の家に駆けつけると遺影の周りにお供え物や好きだった物たちが並べられた簡素な祭壇ができあがっていて、自分はその前で泣くことしかできなかった。葬儀もしないしお墓も作らないという奥さんの意向で、その代わりなのか形見に彼の写真を一枚だけもらった。

 

今でも時折、彼を思い出すことがある。白髪混じりの頭にグレーの瞳をして、人の良さそうな顔で、奥さんのことを愛していた「絵に描いたようなナイスガイ」。

 

彼ともっともっと話したかったなぁ。

ラジコンボートや各国のマグネットを眺めて、挽いてくれる珈琲を飲みながら、いつも出してくれていたアルフォートを食べて、話して、聞いて。お互いに色んなことを伝え合いたかった。

 

せめて今は、彼が天国で笑っていてくれればいいなぁって思う。

【カナダ】ホームステイをしていた話

陽が長くなるにつれて、夕焼けを眺めながら思い出すことがある。

中学生の頃、夏休みの間1ヶ月だけカナダのバンクーバーでホームステイをしていた。

もう10年以上も前のことなので当時の記憶はあやふやで、今でもはっきりと覚えていることは少ない。


ホームパーティーで飲んだ、鮮やかなオレンジ色の甘い甘いレモネード。

晩ごはんに出てきたフィリピン料理のアドボ。タイ米のご飯によく合う味付けの鶏肉料理で、食事の楽しみの一つだった。

裏庭で何気なく空を見上げて見惚れた、午後8時の夕焼け。その美しさ。

名前すらもはや思い出せないけど、バスケットボールが上手だったブロンドヘアーの、ベネズエラ出身の男の子。人懐っこい性格でいつも周りに人がいた。

中華街での食事をした時、ラーメンにラー油をダバダバとかけながら「このオイルはすごく健康にいいのよ」って勧めてきたホストファミリーのおばあちゃん。今でも元気かなぁ……。

普段からやたらとココアの粉を舐めては、ご飯を食べたがらないホームステイ先の一人息子、ジェイソンくん。あの子は今頃17歳か18歳ぐらいにはなってるんだろうか。


思い出せる記憶をこうして言葉にしながら並べていくと、あの頃の自分と周りの人達がまるで今、目の前にいるような感覚に包まれる。

思いっきり抱きしめたい人もいれば、1発強めに張ってやりたい人もいる。握手をしたい人もいれば……思い出す面々は様々だ。

もちろん後悔もある。いや、今となっては後悔の方が大きいかもしれない。あのときああしていたら、そのときこうしていたら。みんなと連絡先をキチンと交換していたら、もっと英語ができて色んなコミュニケーションが取れていたら、家事をもっと手伝ってあげていたら、もっと自分から自分の考えを発信できていたら、etc.etc.etc.etc.etc.etc.…………一度渦を起こすと、際限なく広がっていく。

だけど一つだけ、胸を張って言えることがあるとすれば。

今後の人生で、バンクーバーに降り立ったことを後悔することはもうない。

ココアの粉とジェイソンくんも、タイ米とアドボも、鮮やかなレモネードも、午後8時の夕焼けも、ベネズエラの男の子も、中華街とおばあちゃんも。

あの全ての思い出は、自分の中にあるし自分の中にしかない。

そう考えると物凄い贅沢だ。世界中でたった一人、自分だけのもの。

そんな贅沢を噛み締めながら、カーテンを閉めよう。これからやってくる夜を過ごす準備をしよう。

いつかまた行きたいなぁ。バンクーバー

【エヴァ】シン・エヴァを観てきた話

シン・エヴァを観てきた。

 

四半世紀に渡る作品が、ようやく、やっと、いよいよ、ついに、とうとう、やっとこさ、終わった。

 

終わってしまった。本当に。

 

言いたいことは死ぬほどあるし、今しばらくは気持ちをまとめる気も起きない。

 

感想としては

 

庵野監督を思いっきり抱きしめて、お疲れさまでしたって伝えて、2~3発殴って、また思いっきり抱きしめたい」

 

庵野監督、本当にありがとうございました。

【自己紹介】100問100答をやる話

☑1. 職業 介護職員・日本語教師(一応)

☑2. 性別 男

☑3. 年齢 アラサー

☑4. 身長 161㎝

☑5. 視力 把握してないけどかなり悪い

☑6. 利き腕 たぶん左利き

☑7. 欲しい能力 空から5000兆円降らせる

☑8. 血液型 B+

☑9. 特技 3ヵ国語(韓国語・日本語・英語)

☑10. 長所 平和主義・クリエイティブ

☑11. 短所 不器用・競争が苦手・コミュ障

☑12. チャームポイント 多分無い

☑13. クセ 首の骨鳴らしがち

☑14. つい言ってしまうこと 一寸先は闇

☑15. 持ってないと落ち着かない物 ない

☑16. 携帯の色 黒

☑17. 理想的な起床時間 7時

☑18. 理想的な就寝時間 10時

☑19. 朝起きて一番最初にする事 スマホチェック

☑20. 夜寝る前にする事 歯磨き

☑21. 自分の寝起きを5段階評価 4

☑22. 理想的な休日の過ごし方 本読みながらダラダラ

☑23. 平均入浴時間 30分

☑24. 何歳まで生きたい? 90ぐらいまで

☑25. 理想の朝ご飯 白米にキムチと卵焼き・味噌チゲ・焼き魚

☑26. 得意料理 麻婆豆腐・カレー

☑27. 1日の中で一番ホッとする時間 仕事終わり

☑28. マイブーム アサラト多肉植物

☑29. テンションの上がるご馳走 母親の料理すべて

☑30. テンションの下がる食べ物 梅干し

☑31. 最近発見した美味しい物 キムチ納豆

☑32. 気に入っているスタイル テーラードジャケット

☑33. つい買ってしまう物 漫画

☑34. ストレス解消法 カラオケ

☑35. 一番苦手な事 臨機応変マルチタスク

☑36. 苦手な理由 無理だろ、あんなの

☑37. 日常のささやかな幸せ 多肉植物の世話

☑38. 好きな映画 最強のふたり・駆け込み女と駆け出し男 

☑39. これから伸ばしていきたいスキル 人間力全般

☑40. 得意分野 文系

☑41. 自分の変わらない所 身長

☑42. 弱点 梅干し

☑43. 気になっている事 WWE世界ヘビー級王座のレプリカベルト

☑44. 今ハマってるアニメは? 波よ聞いてくれ 

☑45. スポーツなにやってた? バスケ・剣道

☑46. この人いいなぁと思う瞬間 笑顔がかわいいとき

☑47. 友達になるとこんな特権あります! ボケは必ず拾う

☑48. 恋人になるとこんな特権あります! 連絡はマメにする

☑49. 夫婦になるとこんな特権あります! 家事全般やる

☑50. 理想の男性像 全盛期のHHH

☑51. 理想の女性像 ごくせんに出てた頃の仲間由紀恵

☑52. 好きな人にプレゼントしたい物 その人が一番笑顔になれると思うもの

☑53. 一度食べてみたい物 漫画によくあるクソデカステーキ

☑54. 一度行ってみたい所 レッスルマニア現地観戦

☑55. 一度やってみたい事 WWEの選手と話す

☑56. 1日があと5時間増えたらしたい事 睡眠

☑57. 過去最大の危機 生まれて直後がかなりの虚弱児だったらしい

☑58. ピンチの乗り越え方 気が付いたらなんとかなってる(大抵なってない)

☑59. 自分の七不思議の内1つ教えてください 多すぎる

☑60. 人生に最も必要なもの 快楽

☑61. 人生を楽しむコツ 好きなもので周囲を埋め尽くすとか?

☑62. 自分だけの宝物 特になし

☑63. 幸せを感じる時 授業がうまくいったとき

☑64. 今までの人生にタイトルをつけるとしたら? 凹凸ロード

☑65. 今までのテストの最高点 100

☑66. 今までのテストの最低点 0

☑67. 将来乗りたい車 特になし

☑68. 生まれ変わったら何になりたい? 記憶を維持したまま人生もう一周

☑69. 暇なときする事 アサラトYouTube・読書

☑70. お風呂で一番最初に洗う所 顔

☑71. 初恋 確か小学校3年か4年 

☑72. スキーとスノーボードどっちが好き? スキー

☑73.サッカーとバスケどっちが好き? バスケ 

☑74. 好きな芸能人(男) 特になし

☑75. 好きな芸能人(女) 橋本環奈・池田エライザ

☑76. 幽霊を信じますか? 信じる

☑77. その根拠は? 見たから

☑78. 一番ハマった小説 ナルニア国物語少年陰陽師

☑79. 無人島に持って行く物 帰り用のボート

☑80. もう一度味わいたいあの瞬間 Bon JoviのIts My Lifeを初めて聞いた時の戦慄

☑81. パンにつける物 ピーナッツバター

☑82. 一ヶ所だけ整形するならどこ? 頭皮

☑83. 朝見るニュースは何チャン? NHK

☑84. ○○○巡りがしたい! 廃墟巡り

☑85. カラオケの十八番 Bon Jovi

☑86. ルームシェアをするなら何人? 部屋の大きさによるしどうせならシェアハウスの方がいい

☑87. 自分にあだ名をつけてください わかんね

☑88. 鬼滅の刃観た? 観てません  

☑89. 寝相はいい? いい方

☑90. 海外に行くならどこ? カナダ・韓国・タイ・南太平洋

☑91. 眼鏡かけてる? 生後9ヶ月から 

☑92. 気の合う血液型 不明

☑93. 一番好きなジャニーズ まずジャニーズを知らない

☑94. 宝くじが当たったら 借金返済して残りは貯金にオールイン

☑95. 得意な科目 国語・英語・日本史 

☑96. 苦手な科目 数学・理科

☑97. 世の中で一番怖い物 人間

☑98. 今頑張りたい事 日本語教師の勉強かなあ

☑99. 今一番会いたい有名人 ビンス・マクマホン。割といつ死んでもおかしくない

☑100. 人生とは 楽しみたいよね

【コロナ】世界が、ゆっくりひっくり返る日々の話

 2020年が始まって半年も経たないうちに、この世界はゆっくりと、ひっくり返り始めた。

 「新型コロナウィルス感染症」とかいう、迷惑な未知のウィルスによって。

 中国の海鮮市場で蛇を食ったか蝙蝠を食ったか知らないけど、動物からの感染なんだってさ。

 うん、めっちゃ迷惑。マジで迷惑。傍迷惑どころじゃなくてリアルガチで迷惑。

 

 最初にこのウィルスのことが騒がれたのは確か、1月ごろからだったと思う。

 当時私はシェアハウスに住んでいて、初めの数日間はハウスメイト達とテレビを眺めながら不安になっていた。

 シェアハウスに住むようになった経緯は今書くとめんどくさいので、そのうちどっかで書くと思う。たぶん、きっと。

 日を追うごとに増えていく感染者数と死亡者数、発表されないワクチンの開発。

 「すぐ収まるかなあ」「死者出たってやばくない?」「怖いね」「どうなるんだろう」漠然とした言葉が飛び交っていたのを、なんとなく覚えている。

 そして当時私は、スキー場でレンタルの仕事をしていた。

 身長と体重、それから足のサイズを訊いてウェアーやらスキーブーツ、スノーボードを都合してあげて、終わったら返してもらう。

 19-20シーズンは全国的な雪不足で、ピークを過ぎると客足はパタリと止んだ。

 まあ来なくなるよね。雪は少ないうえ、どこに中国からの観光客が来てどこにウィルスがいるのかなんてわからないもん。

  暖冬による雪不足+コロナショックによる売上減少でスキー場はダブルパンチ。当然、レンタルショップもひまひまのひまで、お客さんゼロの日が数日続くこともあった。

 そんなこんなで3月に入ると、私は予定を繰り上げて早めに実家に帰ることになる。まだまだいたかったなあ。未だに心残り。

 そして荷物をまとめて帰郷する際中にも、世界はめまぐるしく変化していった。

 目を見張るほどの感染爆発、各国の都市封鎖、起きてしまう集団感染、執拗なまでの外出自粛、叫ばれる社会的距離、etc....。

 

 5月現在。外出を控えて毎日のようにSNS・ネットに氾濫する情報を読み漁り、世界各国のニュースと睨めっこをし、マスクの残量を気にしては手洗いとうがいに固執する日々が続いている。

 自宅に引き籠って終息を願うことしかできない私にとって、世界は冬の海原に揉まれる船のようだ。前方から荒波がやってくれば船首がぐんと上がり、真横から波濤が叩きつければ船体はぐわんと揺れる。

 そうして抗えない難敵を相手に四苦八苦しているうちに、ゆっくり、ゆっくりと世界という船はひっくり返っていくように感じられる。

 全世界の医療現場では医療従事者たちが見ず知らずの患者を救おうと懸命に仕事をこなしていて、あらゆるスーパー・コンビニ・ドラッグストアで店員たちが感染を恐れながら必死に接客対応をしているにも関わらず。

 悲しいかな。その最中でも、私の眼には。

 世界という名の船が無事に戻ってくる未来が見えない。

 事態が終息さえすればすべてが元通りに戻るとはとても思えなくて、不透明な不安が腹の底からジワリと滲み出てくるのだ。

 まるで、シャツに染み付いてしまった汚れが何度洗っても落ちないように。

 

明日、明後日、明々後日の世界は一体、どうなっているんだろう。

 

 

 

 

はじめに

はじめまして、なつなつといいます。

 

普段の日常の中で思ったこと、感じたこと、伝えたいことを書いていきます。

 

なつなつって名前ですが、別に夏生まれではありませんし本名に夏とか入ってません。